映画・CM等の美術製作

03-3749-2123

文化施設・商業施設・
遊戯施設・催事・映像制作 等

03-3749-2111

千葉支店

047-380-2400
ネットからのお問い合わせ

history 東宝映像美術の歴史

  • HOME >
  • 東宝映像美術の歴史

映画の美術製作を起点とする当社は、やがて映画の枠を超えて、それぞれの時代を象徴する一級のエンタテイメントに係わりながら、あらゆるジャンルの美術製作に果敢にチャレンジしてまいりました。

1970年代の写真

1970年代

1970年、東宝スタジオは新しい時代に入りました。各部門が次々と分離独立してゆき、美術部は東宝美術株式会社、翌年には映像事業部は東宝映像株式会社と、それぞれ別会社となりました。(この2社をのちに統合し、株式会社東宝映像美術となりました。)
この当時の映画界は、テレビの普及や娯楽の多様化のため、製作本数が減少傾向にありました。それは東宝スタジオも同様でした。
そのような厳しい時代の中、私たちはスタジオの外へ積極的に飛び出し、大阪万博、沖縄海洋博、レジャー施設、博物館等展示施設、テレビドラマ製作、コマーシャルフィルム製作など幅広い娯楽を提供してゆきました。

年表 主な映画作品 主なプロジェクト
縦棒 1970 「豹は走った」「野獣都市」 日本万国博覧会(大阪万博)
1971 「どですかでん」「ゴジラ対ヘドラ」
1972 「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」
1973 「放課後」「日本侠花伝」「日本沈没」 三保文化ランド「ミニチュアランド」
1974 「地を吸う薔薇」「ノストラダムスの大予言」「エスパイ」
1975 「青春の門」「はつ恋」 沖縄国際海洋博覧会(沖縄海洋博)
1976 「犬神家の一族」「大空のサムライ」
1977 「八甲田山」「HOUSE」 京成谷津遊園「メルファンランド」
1978 「女王蜂」「火の鳥」「ブルークリスマス」
1979 「あゝ野麦峠」「遠い明日」
1980年代-90年代の写真

1980年代-90年代

80年代半ばから90年代にかけて、世はレジャーブームと言われていました。
この頃全国各地で、様々なテーマパークが建造されていました。私たちはスタジオで培ったセット製作技術を生かし、多くの施設を手掛けました。
またこの頃、全国の地方都市で「地方博」が開催されました。私たちは映像関連会社数社と提携して、70mm大型映像「ジャパックスシステム」を開発し、様々な地方博のパビリオンを手掛けました。

1988年、東宝美術株式会社と東宝映像株式会社が経営を統合し、株式会社東宝映像美術となりました。

年表 主な映画作品 主なプロジェクト
縦棒
縦棒
1980 「影武者」「地震列島」 芦ノ湖遊覧船
1981 「連合艦隊」「駅STATION」 神戸ポートアイランド博覧会(ポートピア’81)
1982 「海峡」「幻の湖」
1983 「細雪」「居酒屋兆治」 種子島開発総合センター(種子島鉄砲館)
1984 「ゴジラ」「さよならジュピター」
1985 「乱」「ビルマの竪琴」「雪の断章-情熱-」 国際科学技術博覧会(つくば万博)
1986 「鹿鳴館」「恋する女たち」 日光江戸村
1987 「竹取物語」「トットチャンネル」 横浜水道記念館
1988 「嵐が丘」「優駿」 ぎふ中部未来博、夢の島熱帯植物園
1989 「ガンヘッド」「ゴジラVSビオランテ」「あ・うん」 横浜博覧会、アジア太平洋博覧会、青函トンネル開通記念博覧会
1990 「稲村ジェーン」 スペースワールド、サンリオピューロランド
1991 「超少女REIKO」「ゴジラVSキングギドラ」 登別伊達時代村
1992 「ゴジラVSモスラ」 ワイルドブルーヨコハマ
1993 「水の旅人-侍KIDS-」「ゴジラVSメカゴジラ」 東武ワールドスクウェア、伊勢戦国時代村(現:伊勢・安土桃山文化村)
1994 「ラストソング」「ヤマトタケル」「四十七人の刺客」 志摩スペイン村、新横浜ラーメン博物館
1995 「ゴジラVSデストロイア」
1996 「八つ墓村」「モスラ」 加賀百万石時代村
1997 「誘拐」「ラヂオの時間」 倉敷チボリ公園、いぬたま、フェスティバルゲート
1998 「踊る大捜査線 THE MOVIE」「絆-きずな-」
1999 「催眠」「ゴジラ2000MILLENNIUM」
2000年代の写真

2000年代

2000年代、全国的にシネマコンプレックスが普及し、また多メディア・多チャンネル時代となり、映画製作現場が再び活気づいてきました。時を同じくして、東宝スタジオは「スタジオ改造計画」を遂行し、スタジオの近代化を進めました。多くの映像作品が製作され、私たちも様々な作品の美術を手掛けました。
スタジオが活況を呈している一方、スタジオ外の仕事にも手を緩めることはありませんでした。大型商業施設の建設が盛んななか、室内型テーマパーク、店舗内装などを数多く手掛けました。

年表 主な映画作品 主なプロジェクト
縦棒 2000 「雨あがる」「ホワイトアウト」 越前がにミュージアム
2001 「みんなのいえ」「冷静と情熱のあいだに」
2002 「竜馬の妻とその夫と愛人」「ゴジラ×メカゴジラ」 北島三郎記念館、人と防災未来センター
2003 「踊る大捜査線 THE MOVIE2」「阿修羅のごとく」 大江戸温泉物語
2004 「世界の中心で、愛をさけぶ」「いま、会いにいきます」 しずおか国際園芸博覧会、箱根ラリック美術館
2005 「ゴジラFINAL WARS」「ローレライ」「ALWAYS 三丁目の夕日」 2005年日本国際博覧会(愛・地球博)
2006 「LIMIT OF LOVE 海猿」「THE 有頂天ホテル」
2007 「それでもボクはやってない」「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 トレッサ横浜
2008 「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」「ザ・マジックアワー」「20世紀少年」 星の王子様ミュージアム改修
2009 「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」「ゼロの焦点」 東芝磯子エンジニアリングセンター展示
2010 「SPACE BATTLE SHIPヤマト」「ノルウェイの森」 長島スパーランド アンパンマンミュージアム
2011 「SP 野望篇/ 革命篇」「ステキな金縛り」 日清カップヌードルミュージアム
2012 「BRAVE HEARTS 海猿」「あなたへ」 千葉工業大学スカイツリーキャンパス
2013 「永遠の0」「清須会議」 東芝磯子エンジニアリングセンター映像
2014 「寄生獣」「舞子はレディ」
2015 「HERO」「進撃の巨人」 新宿東宝ビル「ゴジラヘッド」